岡山総社 カツらーめん

0

    大河ドラマミーハーのホットスポット、岡山備中高松城は秀吉の中国攻めのクライマックス水攻めの地。
    城主 清水宗治とその兄弟が切腹と引き換えに家臣を守ったという逸話が後世にも語り継がれており
    首塚、胴塚が残っている。
    黒田官兵衛の来週くらいに放映される予定の地である。
    その近所に大河ドラマとは縁もゆかりもない ラーメン屋がある。
    見るからに年季の入った国道沿いのラーメン屋 とん平。
    ちょうど昼時、ニッカボッカのおっちゃん軍団、電器屋風作業着を着たおっさん、4人がけテーブルをひとりで
    占拠してケータイばっかりいじっているちょっと金融関係の人?あとは老夫婦系が二組。満杯です。平均年齢非常に
    高いです。でも従業員は更に高齢。店内を切り盛りするばーちゃんはお元気なのだが、腕力がない。ある意味限界らーめん屋って感じ。
    隣のニッカボッカに運ばれてきたのがコレ。とんかつラーメン。早速ミーハーな連れ合いが【食べてみたい!!一切れほしい」と勝手に
    小生のオーダーを腕力がないバーさんに告げている・・・・
    スープは豚骨醤油。分かり易いバランス。揚げたての肉厚とんかつがドサっと表面を覆っている感じ。
    スープ、麺、とんかつ。それぞれは結構いけてます。いっしょに食べるとイケマセン。なぜここにとんかつが鎮座していらっしゃるのでしょう?
    カツはカツとして食べてあげればもっとカツも喜ぶでしょうってな感じ。となりのおっさんがおいしそうにがっついている理由がわかりません。
    ラーメン自身は地元高齢者、労働者に愛されている理由はよくわかります。創業以来変わらないスープであれば昔は結構インパクトがあったでしょうし、今も癖になるポイントをぎゅっと握っておりますから。
    とん平、とんこつ、とんかつ・・・・・・ご主人はよほど豚にご縁がある御仁とお見受けいたしました・・・

    中華そば専門 とん平
    岡山県総社市井手925-1
    0866-93-2695  Pあり
    定休日、開店時間ともに不明
    総評 1あっぱれ。 個性を大事にこれからも出来るだけ長くのれんを守ってほしいと思わせるオーラがでておりました。

     


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others